トップ頁へ 砲術講堂メニューへ 砲術あれこれメニューへ



第10話 二十五粍三連装機銃について




  問題の所在
  各種機銃要目
  九六式二十五粍機銃 銃架型別
  銃の基本構造 ← 現在
 
 
 
  問題の結論




 銃の基本構造


九六式二十五粍機銃の構造は、二型(左、右)、二型改一(左、中、右)、二型改二、二型改四とも全て基本的には同じです。




則ち、銃身、放熱筒、閃光覆、瓦斯調整装置、機筐諸装置、発火装置、撃発装置、給弾室で構成されます。

これらの詳細についてはこの後順次解説していきますが、この構造、作動に本銃の射撃上の特徴と問題点が種々あります。


なお、ネットなどでは本銃の筒発を問題にする記述も見られ、かつその根拠・出典は明らかにされていませんが、旧海軍史料における本銃の取扱・操作でこれが問題とされたことはなく、単に銃身冷却法について採り上げられているに過ぎません。 

則ち、次のとおりです。


銃身温度は連続発射の場合、一発毎に銃口付近に於いて摂氏約4度上昇するを以て、射撃中止間に次に依り銃身を冷却すべきものとす。

イ.弾倉を除去し、給弾室蓋を開放し、尾栓を退却せしめ、通風を容易ならしむ。

ロ.俯仰一杯となし、銃身に濡れたる布片を巻き、之に冷水を注ぐ。 此の場合、筒中、瓦斯調整弁より内部に浸水せしめざる様厳に注意を要す。







話題メニューへ 頁トップへ 次頁へ

 最終更新 :13/Oct/2019