サイト・トップ頁へ 水雷講堂メニューへ 防備・対潜兵器一覧へ



九一式爆雷二型



水上艦艇より落下する対潜攻撃用爆雷で、昭和7年5月31日艦本機密第3747号通牒により 小型爆雷 の名称の元に 一号機雷甲 の缶体を改造してこれに爆雷性能を付与するべく開発されました。 横須賀海軍工廠機雷実験部において試製実験され、昭和9年1月内令兵第1号を以て兵器採用されましたが、実艦搭載及び使用実績などその後の状況は不詳です。






 主 要 目


  形 状   一号機雷甲 の缶体のまま
  全 長   800 mm
  缶 径   425 mm
  胴体厚さ   3 mm
  装備全重量   102 kg
  缶体重量   57 kg (内機共)
  発火装置重量   1,150 g
  落下装置   落下台及び滑走台を併用



 性能大要


  炸 薬   下瀬六稜火薬  45 kg
  導火薬   下瀬火薬  250 g  圧搾
  信 管   三式爆雷信管一型、 同 二型
  発火深度   25m、 45m
  調整錘量   15kg、 10kg
  沈降速度   調整錘 15kg を付した場合 : 約 1.5 m/秒
   同   10kg を付した場合 : 約 0.8 m/秒
  有効毀害半径   約 20 m
  発火深度調整機構   発条1個により受圧面積の変化により調定






サイト・トップ頁へ 水雷講堂メニューへ 機雷兵器一覧へ 頁トップへ 次頁へ

 最終更新 : 26/Nov/2017