サイト・トップ頁へ 水雷講堂メニューへ 防備・対潜兵器一覧へ



試製長射程爆雷 乙



航空機から投下する対潜爆雷で、昭和12年3月31日艦本機密第4785号通牒により六番通常爆弾二型の弾体を改造して試製実験されたものですが、結局兵器採用まで行かずに終わったようです。







 主 要 目


  全 長   1,144 mm
  直 径   240 mm
  装備全重量   63.3 kg
  空重量   33.3 k



 性能大要


  炸 薬   30 kg
  信 管   一五式爆弾信管改二の伝火秒時を 4±0.5 秒に改造
  発火装置   撃発発火及び深度発火(30m)






サイト・トップ頁へ 水雷講堂メニューへ 機雷兵器一覧へ 頁トップへ 次頁へ

 最終更新 : 26/Nov/2017