ハンドルネーム

かつてその昔、管理人の若かりし頃に 「丸」 という雑誌に同名の連載小説がありました。 子供心に面白く、結構熱心に読んでいた記憶があります。 そして、インターネットが普及する前、まだパソコン通信と言われていた時代に、さるフォーラムでHNを設定する時に何となくその名前を思い出して使い始めました。 以来今日に至るまでずっとこのHNで通しています。

防衛大学校卒の元海上自衛官です。 書き物などでは一応肩書きとして 「元防衛大学校教授・海将補」 としておりますが、とは言っても元船乗りですからやはり 「艦長!」 「キャップテン!」 と呼ばれる方が好きですね。

本名は堤明夫。 下記の雑誌などに出ていますので別に隠すわけではありませんが、まあこのようなサイトでは本名よりはハンドルネームの方が堅苦しく無くてよろしいかと (^_^) 



こんな人物

数年前に海上自衛隊を定年退職しまして、現在は下記のことも含めてあれこれ色々なことをやっています。 再就職としての定職の方は結局見つかりませんでしたので、いまだに求職中のいわば “フリーター” (^_^;

現役時代のことなどは、いまだ断片的ではありますが 『砲術への想い』 でご紹介しておりますので、そちらをご参照下さい。 同コーナーは今後とも手が空いた時に、と言うか気が向いた時に更新します。

また日頃のあれこれはなど 『桜と錨の気ままなブログ』 で綴っております。 こちらもご来訪いただけると嬉しいです。



映画やテレビドラマなどの制作のお手伝い


NHKスペシャル 『戦艦武蔵の最期』
考証及び史料提供などをいたしました。
NHKスペシャル 『戦艦武蔵』
海軍関係の考証及び演技指導を担当させていただきました。
ワーナー映画 『るろうに剣心 京都大火編』 『 同 伝説の最期編』
「煉獄」 及び陸上砲台関係のアドバイス、演技指導及び資料提供をいたしました。
アミューズ企画舞台演劇 『見上げればあの日と同じ空』
基本的な所作の指導及び台詞の考証をさせていただきました。
NHK平成25年度大河ドラマ 『八重の桜』
船上シーンでの演技指導及び船関係のVFX考証・資料提供をいたしました。
NHK平成23年土曜ドラマスペシャル 『真珠湾からの帰還』
「海軍所作指導」 として演技指導を担当させていただきました。
NHK平成22年大河ドラマ 『龍馬伝』
「海軍軍事指導」 として考証・演技指導を担当させていただきました。
NHKスペシャルドラマ 『坂の上の雲』 全13回
「海軍・砲術指導」 として考証・演技指導を担当させていただきました。

同ドラマの「エミー賞」エントリー用を作成するに当たり、専門用語及び専門的表現についてアドバイスをさせていただきました。
東映映画 『男たちの大和』
主として海軍将校役の方々の演技指導を担当させていただきました。 お手伝いの顛末及びロケ・セットの写真などについては、「懐かしの艦影」 項の 『東映 「男たちの大和」 制作参画記念写真集』 のページをご覧下さい。


書き物など

 月刊誌 『世界の艦船』 (海人社)

平成28年11月号増刊 (通刊849号)
『アメリカ巡洋艦史』

「Fガン・クルーザーの頂点 「デ・モイン」 級の主砲」
「Iシー・オービット作戦」
「J変身の極み 「オルバニー」 型」
「K原子力巡洋艦はどうして消え去ったのか?」
 
平成28年8月号増刊 (通刊843号)
『傑作軍艦アーカイブ A 米空母 「レキシントン」 級』

「メカニズム A 兵装」

平成28年6月号 (通刊838号)


「ジュットランド海戦から100年!」
 
平成28年3月号増刊 (通刊833号)
『傑作軍艦アーカイブ @ 重巡 「妙高」 型/
「高雄」 型』

「メカニズム @ 兵装」

平成27年12月号 (通刊826号) 

『徹底比較! 「ビッグ7」 のメカニズム
 B 兵装』
 
平成27年7月号 (通刊818号)

『検証! ドイツ新戦艦の砲戦能力を探る』

平成27年3月号 (通刊813号)

『日米超ド級戦艦の技術比較 @ 砲力』
 
平成26年11月号 (通刊806号)

『155ミリAGS 脅威のメカニズム』

平成26年9月号 (通刊803号)

『太平洋戦争の日本軍艦 @ 戦艦』
 
平成26年8月号 (通刊802号)

『DDG “きりしま” 艦長時代の思い出』

平成23年12月号 (通刊751号)

『軍縮条約下の努力』
 
平成22年1月号増刊 (通刊736号)

『日本空母の戦い』

平成21年5月号 (通刊706号)

『経空脅威がもたらした軍艦の変遷』
 
平成20年10月号増刊 (通刊697号)

『近代戦艦の砲術史』

平成19年10月号増刊 (通刊681号)

『日本戦艦の砲術 その歴史と評価』
 
平成18年8月号 (通刊662号)

『対空兵装の変遷 砲熕兵装』


 月刊誌 『丸』 (潮書房)

平成28年1月号別冊
「 「武蔵」 と世界の戦艦」

『戦艦とはなにか』
 
平成27年11月号
「特集 レイテ沖海戦」

『サマール沖海戦の栗田艦隊砲戦実力』

平成27年6月号
「特集 激闘水雷戦隊」

『水雷戦の魂 “トーピード4兄弟”』
 
平成26年7月号
「特集 伊勢・日向」

『「伊勢」型の長槍“36&14センチGUN”』

平成26年1月号別冊
「連合艦隊艦艇入門」

『海底から引き揚げられた 「戦艦陸奥」 』
写真提供及び解説
 
平成25年8月号
「特集 扶桑・山城」

『「扶桑」型の砲戦能力と日本海軍の砲術』

平成25年2月号
「特集 スーパー大和伝説」

『「超大和」型に見る日本海軍の砲術論』

平成25年2月号特別付録
「海自護衛艦ハンドブック」

『現代の海自護衛艦論』


 学研歴史群像シリーズ

平成27年8月号(通刊132号)

『日本海軍の停戦』
     

「帝国海軍の礎 八八艦隊計画」

『八八艦隊の戦術思想・艦隊編制と 砲戦術の進歩』

太平洋戦史 Vol 58 「アメリカの戦艦」

『アメリカ戦艦の主砲射撃管制 システム』


 学研 CARTA シリーズ

戦艦 「大和」 の真実

『主砲と対空兵装』
『光学・電測兵器』
『主砲の射撃手順』


 モデルアート

艦船模型データベース番外編 V
「帝国海軍 戦艦総ざらい」

『日本海軍の艦砲射撃について』


 KADOKAWA ・ 新人物往来社

歴史読本 2015年夏号

『ミッドウェー海戦』

月間歴史読本平成22年9月号

『戦艦 砲術の発達から見る大口径砲の発達』

別冊歴史読本48
「 『坂の上の雲』 への招待」

『明治という激動の時代を如何に生きたかの壮大な人間ドラマ』


 軍事史学会

「日露戦争(二) −戦いの諸相と遺産−」 (錦正社)

  『日露戦争におけるウラジオ巡洋艦戦隊の作戦』(V.L.アガーポフ著) 訳

  『アガーポフ論文への補論』


 防衛学研究会

防衛学研究会会誌 「防衛学研究」 第32号

  『米国の新しい 「国家軍事戦略」 について』


 日本銃砲史学会

会誌 「銃砲史研究」 第379号

  『艦砲射撃の命中率に関する黛論文について(後)』

会誌 「銃砲史研究」 第378号

  『日本海軍における丁字戦法に関する一考察』  ← 公開中

  『艦砲射撃の命中率に関する黛論文について(前)』

会誌 「銃砲史研究」 第377号

  『敵前大回頭に関する黛論文の評価と今日的実相』


 論文・口頭発表など
現役時代のものは多数ありますが、秘密文書に指定されたものがほとんどですので、残念ながらご紹介できません。 秘密以外のもの、あるいは退職後に講演会などでお呼びいただいた時のものなどについては、機会を見つけて逐次本サイト及びブログの方でご紹介していく予定です。

平成15年度防衛学研究会 第1回研究発表会

  『海軍の視点からするイラク戦』

平成15年度防衛学研究会 第3回研究発表会

  『イージス艦とTMD』

平成16年度防衛学研究会 第2回研究発表

  『米海軍部隊の両用戦』



写真・史料の提供、その他



坂の上の雲ミュージアム特別展示

『海軍少将時代の秋山真之書簡』

学研ムック 「日本海軍艦艇図鑑」

別冊宝島 「戦艦大和と武蔵」
(宝島社)

『最速解析!! 「武蔵」 現る』
 
大和ミュージアム特別企画展

『巨大戦艦大和展』

「歴史のミステリー 82」
(デアゴスティーニ)

「日本人はどのようにして軍隊をつくったのか」
(荒木肇、出窓社)

歴史人16 「日清・日露戦争の真実」
(KKベストセラーズ)

DVD 「スペシャルドラマ 坂の上の雲
第3部」 (NHKエンタープライズ)

「池上彰と学ぶ 日本の総理 19」
(小学館)

「歴史群像 No.114」 (学研)







最終更新 : 16/Dec/2016