HPトップへ 砲術講堂メニューへ 「旧海軍の砲術」メニューへ 砲熕武器メニューへ 砲熕武器要目諸元メニューへ ← クリックして戻る



四十口径八九式十二糎七高角砲



   砲身要目諸元
   筒内弾道
   筒外弾道
   弾 薬
   連装砲 (砲架)
   各部構造作動概要


以下の表中で使用する記号及び用語の一覧については  をクリックすると、別ウィンドウで表示します。

記号用語の説明

 

 砲身要目諸元


 (1) 砲身一般
砲身型 標準最大膅圧
(内令)
膅 径
D (dm)
砲身全長
L' (dm)
L'/D 弾丸経路長
L (dm)
L/D 砲身重量
W (t)
W/D3 /W
(m・t)
常装 弱装 減装
25     1.270 52.84 41.61 45.456 35.792 3.058 1.493 199.0
 Ⅰ 3.102 1.514 196.2


 (2) 筒 腔
砲身型 膅腔全容積
C (lit)
C/D3 膅腔断面積
σ (dm2
 4σ  
π・D2
C-C' C-C'

x 104
膅腔全長
ψ (dm)
C-C'
2・ψ
x 104
ψ/D
Ⅰ Ⅰ 68.043 33.22 1.29946 1.026 59.043 8677 50.800 7207 40.00


 (3) 薬 室
砲身型 薬室容積
C' (lit)
C'/D C/C' 薬室長
l' (dm)
l'/D 薬室径
a' (dm)
a'/D  4C' 
π・D2・l'
受圧部直径
b' (dm)
b'/D 薬室前方内壁
の傾斜
e' (度-分)
Ⅰ Ⅰ 9.000 4.394 7.560 5.344 4.208 1.59 1.252 1.329 1.59 1.252 1-31


 (4) 施 条
砲身型 施条種類 転 度
丘の幅
α (mm)
谷の幅
β (mm)
深さ
γ (mm)
β/α N・α
π・D
N・β
π・D
丘部の
断面積
α(mm2
谷部の
断面積
β(mm2
β/Sα
角度
θ (度-分)
1回転の長さ
ν (cals)
Ⅰ Ⅰ 平等右旋 (砲口)
6-24.1
(砲口)
28
36 4.453 6.63 1.52 1.494 0.403 0.598 7.76 9.09 1.171




 

 筒内弾道


砲身型 装 薬 火薬種 薬 量
(kg)
計画初速
Vo
(m/s)
射表初速

(m/s)
最大筒圧
Mm
(kg/mm2
特  長  数 完全燃焼点

(砲口より)
(口径)
砲口圧
Bm
(kg/mm2
10A'
(2Rox100A')
10-4
Ⅰ Ⅰ 常 装 21DC 4.000 725 720 25.3 1589 0.3336 103 1.048 内 18.9 3.4


砲身型 装 薬 最大筒圧点

(口径)
装填比重
Δ
(W/C')
η ξ
(M')
1秒間の
旋転数
Ω
旋転速度
Ω
(m/s)
最大加速度
Ac
(m/s2
Ⅰ Ⅰ 常 装 2.3 0.4444 0.6598 0.4090 0.0789 1.140 39.2 609 203.9 81.4 140050




 

 筒外弾道


通常弾及び時限演習弾 (初速720米/秒)


三式焼霰弾改一(仮称三式通常弾)(初速720米/秒)




 

 弾 薬


   通常弾
   演習弾
   時限演習弾
   照明弾乙改二
   三式照明弾
   三式焼霰弾改一 (仮称三式通常弾)
   試製四式特殊弾




 

 連装砲 (砲架)





  最大仰角 (度)        90
  最大俯角 (度)         -8
  最大射程目盛 (米)     15200
  最大射高目盛 (米)      8100
  退却長 (粍)       450
  推進発條抗力 (瓩)      9768
  装填発條抗力 (瓩)       820
  砲身砲架全重量 (瓩)     20500
     俯仰部重量 (瓩)      6400
     旋回部重量 (瓩)      6040
     固定部重量 (瓩)      1900
     砲身重量 (瓩)      6116
     その他 (瓩)        44
  砲身間隔 (粍)       680 (5.4口径)
  筒軸高 (礎台下面より)(粍)      2488
  ローラーパス径 (粍)      2280
  操作半径 (粍)      3300
  計画射撃速度 (発/分)        15.4
  主電動機馬力 (HP)        10
  動力旋回速度 (度/秒)         6
  動力俯仰速度 (度/秒)        12
  旋回輪一回転角度 (度-分)       1-32
  全速旋回に要する手輪回転数         3
  俯仰輪一回転角度 (度-分)       1-41
  全速俯仰に要する手輪回転数         3
  操作人員        12




 

 各部構造作動概要




   操縦機構
   照準機構
   装填機構
   信管秒時調定機構





「旧海軍砲熕武器要目諸元」メニューへ 頁トップへ

最終更新 : 13/May/2018