船体各部の名称及び構造一般


     1. 甲板一般
     2. 船体外部一般
     3. 船体内部一般 
     4. 円 材(Spar)
         (1) 円 材
         (2) 檣桁各部
         (3) 静索及び動索
     5. 船体付属物
     6. 諸 室






↑ 左クリックでそれぞれ拡大表示


 1.甲板一般


前部(Fore-part) : 艦(船)の中央より前部の総称

中部(Midship-part) : 艦(船)の中央に近き部分

後部(After-part) : 艦(船)の中央より後部の総称

艦首(艇首、船首)(Bow) : 船体の前端に近き部分の総称

艦尾(艇尾、船尾)(Stern) : 船体の後端に近き部分の総称

右舷(Starboard)(みぎげん) : 艦(艇、船)首に面して船体の中心線より右方を言い、その側方を右舷側(Starboard side)と言う。

左舷(Port)(ひだりげん) : 艦(艇、船)首に面して船体の中心線より左方を言い、その側方を左舷側(Port side)と言う。

中心線(Middle or Center line) : 船の幅の中央を通して縦又は堅に引きたる直線を言う。 船体はこの直線に対し左右対称(Symmetry)の形状を有するものとす。

艦橋(Bridge) : 前後に艦橋を有するときは、前部のものを前艦橋(Fore Bridge)、後部のものを後艦橋(After Bridge)と称し、また艦橋上羅針儀を備える所を羅針艦橋(Compass Bridge)と称す。

甲板(Deck)(かんぱん) : 艦船内を上下数階に分かちたる各階の言い方にして、位置によりそれぞれ名称を異にす。 即ちこれを大別して次の如く呼称す。

艦橋甲板(Shelter deck) : 艦橋と最上甲板の中間にある甲板

艦橋通路(Flying Bridge) : 前後艦橋若しくは最上甲板間の通路に設けたる甲板を言う。

最上甲板 : 上甲板の上にある甲板なり。 しかして前部にあるものを前部最上甲板(Top gallant Forecastle)、後部にあるものを後部最上甲板と称す。

短艇甲板(Boat deck) : 最上甲板両舷又は中央等において短艇を収置する甲板を言う。 また同一甲板にありては予備円材等を収置する場合も含め「ブームズ」(Booms)と称することあり。

上甲板(Upper deck) : 艦の全長にわたる甲板のうち最上方のものなり。 通常、前檣、大檣あるいは前後部隔壁により前甲板(Forecastle)中部甲板(Waist deck or waist)後甲板(Quarter deck)の3部に分かつ。

中甲板(Main deck)及び下甲板(Lower deck) : 通例艦の全長にわたる甲板にして、中甲板は上甲板の直下、下甲板は中甲板の直下にあり。 共に数区に分かたれ(前部より順次数え、第1区、第2区等と称す。)、主として乗員の居住に充つ。

最下甲板、船艙甲板(Platform deck)、及び内底(Innerbottom)等 : それぞれ下甲板以下にある甲板にして、概ね倉庫、弾薬庫、機械室等に区劃せらる。 最下甲板はその部部に応じ、前部倉庫通路、前部弾薬通路、右舷弾薬通路等と称す。

防御甲板(Protective deck or Armour deck) : 砲弾、爆弾(航空機により投下するもの。)に対し、艦の要所を保護するため特に水線付近、その他必要なる箇所に設けたる鋼甲板(鋼板2~3枚)なり。

露天甲板 : 上甲板及びそれ以上の甲板にして、露天の甲板の総称なり。

居住甲板 : 上甲板又は中甲板以下の甲板にして、乗員の居住に充てる甲板の総称なり。



 2.船体外部一般


船首材(Stem) : 竜骨(Keel)の前端より樹立し艦首を構成する鋳鋼材(Cast steel)にして、我海軍の艦艇は概ね下の如き形状を有す。(河用砲艦、潜水艦等特種のものを除く。)

1.Straight stem 2.Ram stem 3.Raked stem
 野登呂、鳴門型特務艦は比較的この型に近し
 (商船にはこの型多し)
 練習特務艦(富士、朝日、敷島)一等海防艦(八雲、磐手、浅間)  最上、三等駆逐艦及び鳳翔、勝力等この型に近し
  
4.Clipper stem or cut water stem
(1) 利根、矢矧 (2) 伊勢、日向、金剛、比叡 (3) 古鷹、夕張及び新造駆逐艦
 
5.その他
(1) 陸奥、鬼怒、秋風型駆逐艦 (2) 大泊


船尾材(Stern Post) : 竜骨の後端より縦立する鋳鋼材にして、船尾扁平部をして推進器に基づく振動に堪えしめ、又舵を支持するものにして、一材又は数材よりなる。

推進器(Screw Propeller or Propeller) : 船尾水中に装着せらるる螺旋にして、艦船の依って推進するものなり。

推進軸(Screw Shaft) : 推進器を取り付ける軸なり。

軸管(Stern Tube):艦尾下底にある円筒にして、推進軸は艦内よりこの筒を貫通して水中に出ず。 しかして両舷に推進器を有する艦船に在りては、推進軸の後部を支持するものを張出承(Shaft Bracket)(はりだしうけ)と言う。

舵(Rudder) : 従来竜骨線上にありて船尾材に維持せられ、その数通常1個なれども、艦載水雷艇の如く前後2個を有するものあり。 最近金剛以降の大艦は左右2個の舵を備えるに至れり。 しかして孰れもその軸幹を旋軸として左右に自由に転向し、以て艦船を回頭せしむ。 その形状及び装置により名称を附すること次の如し。

1.通常舵(Ordinary rudder)
  
2.平衡舵(Balanced rudder)
 
3.半平衡舵
  (Semi balanced rudder)
4.複平衡舵
  (Double balanced rudder)
5.双平衡舵
  (Twin balanced rudder)


 舵各部の名称次の如し(下図参照)。

              ← 左クリックで拡大表示


  短艇用の如き小なる舵は1枚の板より成るも、大なる舵は Frame 間に木材を填め両側面に平板を張れり。

  各種平衡舵は通常舵に比し面積同一なる時はその効力やや劣れども、舵幹の前後両面における水の抗力互いに相平衡せんとするをもって比較的小なる機力を以て大なる舵を操作し得る利あり。

「カウンター」(Counter) : 艦尾外側の張り出したる部を言う。

「ラン」(Run) : 艦尾水中部の狭くなりたる部を言う。

舷檣(Bulkwark)(ぶるわーく) : 上甲板より上部の舷を言う。

吃水標(Draght Mark) : 艦艇の吃水を標識するため船首材及び船尾材に沿い、及び両垂線間の中央両舷側において満載水線上2フィートの所まで1フィート毎に標記したるローマ数字に相当する吃水を表示する。 また、舵あるいは推進器等にして竜骨下面の延長線よりも下に垂下するものあるときは、以上3箇所の他当該垂下物の付近においてその下端よりの高さを標記す。

  大正15年度以降計画の新造艦船の吃水標式は総べて「メートル」式にして、前記と同位置において満載吃水線上600mmの所まで高さ100mmのアラビア数字を吃水200mm毎に標記す。

錨孔(Hawse Hole) : 錨鎖を導くため艦首両側に穿ちたる円孔にして、これに嵌めたる鉄筒を Hawse Pipe と言う。 現今の軍艦、商船等は錨をこの鉄筒内に引き込み収置するもの多し。 また後部にある小なる錨孔を Spring Hawse Hole と称す。

錨座(Ancher Bed) : 錨を平らに収置するため艦首両舷に設けたる外方に傾斜せる座台なり。

錨「ダビット」(Ancher David) : 通常湾曲せる大なる鉄材にして、引込装置ならざる錨を収置するに用いられ、側張索(Guy)をもって左右に維持し、上端に近く金属滑車を備う。 また艦によりては起重機(Crane)の如き形を有する「ダビット」を備えるものあり。

「クランクカップヘッド」(Clump Cat Head) : 艦首甲板両舷縁に設けられたる突出部にして、大なる車(Sheave)を有し、係留浮標に錨鎖を取る場合に錨を移吊するため錨孔付近に設けらる。

砲門(Gun Port) : 砲照準発射するため舷側に設けたる切り欠けにして蝶番をもって扉を装着せるものと然らざるものとあり。

張出砲門(Sponson Port) : 砲の射角を大ならしむるため舷側に張り出したる砲座なり。

管門(Torpedo Port) : 魚雷を発射するため舷側等に穿ちたる孔にして、用なき時は防水蓋あるいは防水戸をもって閉鎖しあり。

司令塔(Conning Tower) : 戦闘に際し諸般の号令を発し、かつ操舵をし得る如く下部発令所、機械室、その他主用の部に通ずる各種通信装置等を有する円筒形の場所にして、厚き装甲板をもって囲繞され、上部に間隙を有し展望を自由ならしむ。 大艦にありては通例前後2箇所に、小艦にありては前部のみにこれを設く。

盲蓋(Dead Light)(めくらぶた) : 窓等の硝子破損し海水進入を防ぐため、若しくは戦時あるいは演習等において燈火艦外に露わるるを防ぐために設けたる鉄蓋なり。

排水門(Wash Port) : 舷檣等に穿ちたる方孔にして、荒天の際甲板に打ち込みたる海水を舷外に流出せしめ、かつ外方より海水の進入せざる様扉を装着したるものなり。

排水孔(Scupper) : 甲板の水を舷外に流出せしむるため甲板周縁所々に設けたる孔にして、その導管を排水管(Scupper Pipe)と言う。

灰棄筒(Ash Shoot) : 灰燼を投棄するため罐室に近き露天甲板の舷側より舷外に沿って釘着せる鉄筒なり。 灰放射器(Ash Ejector)は汽力又は電力をもって直に罐室より海水と共に灰燼を舷外に噴出せしむるものなり。

煙突(Funnel) : 罐の煤煙を噴出せしむる大なる鋼筒なり。 しかして一般に罐室内の空気を流通せしめ、かつ熱気を周辺に及ぼさざるために二重に構成せらる。 煙突の前部若しくは後部に沿って蒸気逃出用小管を装着す。 これを蒸気捨管(Waste Steam Pipe)と称す。 また通例最前煙突の前面に「サイレン」(Siren)あるいは汽笛(Whisle)を装備す。

煙突囲(Funnel Casing) : 煙突の甲板に接する部を周繞する隔室にして、熱気を防ぎ、かつ罐室に空気を流通せしむるためのものなり。

通風筒(Veentilator) : 多く機関室中、下甲板、石炭庫等下層の部に空気を流通せしむるための空筒にして、その下部風路(Ventilating Trunk)並びに扉車(Ventilating Fan)に連なるものあり。 しかして風路には所々に開口を設け、扉車の作用によりて艦内各部に空気を流通せしむ。 また「サーモタンク」(Thermo Tank)を備え、冬季寒冷の際空気を暖め、これを居住甲板、公私室等に送り、また暑気の候空気を冷却して弾火薬庫へ送気する装置を有するもの多し。 通風筒には次の数種あり。

1.煙管頭形通風筒
  (Cowl Head Ventilator)
2.鵞頸形通風筒
  (Swan Neck Vnetilator)
  
3.蕈形通風筒
  (Mushroom Ventilator)
4.頭巾形通風筒
  (Hood Ventilator)

「ショアリングバンド」(Shoring Band) : 装甲艦水線部に装着せられたる木材にして、入渠の際その下に支柱を当て装甲板の重量を支えるためのものなり。 近時の大艦はこれに代えるに水線部各所に鋼製の当金を装着するもの多し。 これを「リブバンド」(Ribband)と言う。

短艇「ダビット」(Boat Davit) : 短艇揚卸用のため舷側に設けたる鋼材なり。 しかして現時の大艦には「クレーンダビット」(Crane Davit)を有するもの、及び碇泊中使用する「ハーバーダビット」(Harbor Davit)を有するものあり。

「デリック」(Derrick) : 通常檣の下部に取付られたる円材にして、絞轆を備え大艇等を揚卸するに用いらる。 また錨「ダビット」を起倒し、重量物出入等に用いるものを移動「デリック」(Portable Derrick)と称す。

(・・・・・)架(Clutch) : 円材等を下方より保持する受座なり。 短艇を収置するため設けられたる架を短艇架(Boar Clutch)と称す。

繋船桁(Swinging Boom)(けいせんこう) : 軍艦碇泊中、前艦橋下両側に張出したる長き円材にして、短艇を繋留し置くためのものなり。

「プロペラブーム」(Propeller Boom) : 艦艇碇泊中、推進器を保護するためその上方舷側に張出し得る如く装備せる小円材なり。

檣(Mast)(ますと) : 艦艇の上甲板上高く立つ円材にして、通常その下半部は鋼製にしてその上部に檣楼(Top)を有し、なお上方には木製檣1~2材を連接するを常とす。 近時の大艦には三脚檣(Tripod Mast)櫓檣等を有するものあり。

桁(Yard)(やーど) : 檣に横架する円材なり。

斜桁(Gaff)(しゃこう) : 檣の後面に斜めに装着せる円材なり。

昇降口(Hatch)(しょうこうぐち) : 1つの甲板より他の甲板に昇降するため甲板に孔口を設け、これに梯子を備えあり。 魚雷の出入する際使用するものを魚雷出入口と言う。

縁材(Coaming) : 昇降口等の周囲に設けたる小高き口縁にして、甲板より水の下方に流れ入るを防ぐためのものなり。

天窓(Sky Light) : 空気の流通及び光線透入のため甲板に設けたる小高き硝子窓にして、上部に真鍮の格子を有す。

明取(Deck Light)(あかりとり) : 下方甲板に光線を透入せしむるため甲板に嵌入したる厚き硝子なり。

「デッキプレート」(Deck Plate) : 通風筒等を脱去したる時、甲板の孔口を閉塞するための金属製の円蓋なり。

測深台(Sounding Platform)(そくしんだい) : 通例上甲板艦尾後方に突出せる細長き鋼板の平台にして、測程測深両儀の使用に便ならしむるものなり。

投鉛台(Leadsmens Platform)(とうえんだい) : 測鉛を投下して水深を測るため前艦橋付近の最上甲板あるいは上甲板に設けたる台なり。

錨見台(いかりみだい) : 舷外の錨及び錨鎖の状態を見易からしむるため前甲板艦首付近に設けられたる台なり。

「クリート」(Clear) : 動索を巻き止めるため内舷、甲板、短艇「ダビット」等に釘着若しくは縛着したる木片又は金属片なり。

眼鐶(Eye Bolt)、Eye Plate、輪鐶(Ring Bolt)、Ring Plate : 甲板、舷側等に取付けられたるものにして、これに鉤(ふっく)あるいは鋼索などを鈎するためのものなり。

双繋柱(Bollard Head)(そうけいちゅう) : 通例舷側において甲板に直立する一対の鉄筒にして、大索を巻き留めるためのものなり。

索道(Deck Chock)(さくどう) : 曳索その他の動索を導くため設けたる受金なり。 「コロ」(Roller)を有するものは特に「コロ」索道(Roller Fairleader)と称す。

摩擦「コロ」(Friction Roller) : 動索を牽張する時、その摩擦するを防ぐため舷上あるいは側壁等に設けられたる回転銲なり。

排水溝(Water Way)(はいすいこう) : 甲板の排水に便なるため舷側に沿い甲板に設けたる浅溝なり。

綱台(Torpedo Net Rack) : 大艦において上甲板縁若しくは外舷に設けたる細長き鉄製格子台にして、水雷防御網(Torpedo Net)を収置するためのものなり。

網張桁(Net Spar) : 防御網を懸垂展張するに用いる中空円鐶にして、両舷艦首より艦尾にわたり水線の稍々上方に支点を有し、舷側に沿い斜めに収置せらるるものなり。



 3.船体内部一般


砲台(Battery) : 艦艇において砲熕を装備せる場所を言う。

砲廓(Casemate) : 一門又は二門毎に中口径砲及び砲員を防護するため設けたる装甲隔壁を言う。

「メーンジャー」(Manger) : 錨鎖を導ける錨孔付近の甲板の言いにして、海水の後方に流れざる様構造せらる。 しかしてその区画材を「メーンジャーボード」(Manger Board)と言う。

錨鎖管(Chain Pipe or Naval Pipe) : 錨鎖庫より錨鎖を錨鎖甲板に導くため甲板に嵌着せる鉄筒なり。

防水隔壁(Water-tight Bulkhead) : 艦内を防水のため区画せる鋼板隔壁なり。

防水区画(Water-tight Compartment) : 縦横の防水隔壁及び Steel Deck 等により区画せられたる部室なり。

防水扉(Water-tight Door) : 防水隔壁に装着したる扉にして、隔壁に密着せしむるため革片もしくは護謨片を付着し、不時の事変に際しこれを閉鎖防水するものなり。 金剛、攝津等の石炭庫の防水扉は前艦橋あるいは操舵室に設けたる小手輪により電気あるいは水圧装置により一斉に全部閉鎖を行うことを得。

堰戸弁(Sluice Valve)(せきとべん) : 管隔壁等に防水等のため設ける簡単なる金属平面板にして、上甲板もしくはその位置付近にて自由に開閉し得る如く構造せらる。

石炭庫(Coal Bunker) : 石炭を入れるため設けたる防水区画にして、大艦にありては通常上下及び翼艙(Wing)、小艦にありては上下の2部に分かちたる。

船艙(Hold) : 船艙甲板において特に軍需品を貯蔵する場所を総称す。

二重底(Doubble Bottom) : 機関室、罐室、弾薬庫等の艦底を二重に構成したるものにして、多数の防水区画に分かち、もって船体を強固にし、また擱座損傷等の場合においては外底(Outer Bottom)は破損せらるるもなお内底(Inner Bottom)をもって海水の進入を防ぐことを得。 砲艦以下の小艦艇は単底(Single Bottom)なり。

潜孔(Man Hole)(もぐりあな) : 内底あるいは隔壁等に設けたる円孔にして、僅かに人の出入を許すに過ぎざる小孔なり。

重油庫(Oil Tank) : 通例二重底の一部を区画し重油を容れる所なり。

「アーマードア」(Armuor Door) : 戦闘に際し敵弾を防ぐため装甲隔壁(Armour Bulkhead)、機械室の天窓、昇降口等に設けられたる装甲板の扉蓋なり。 しかして煙突及び機関部通風筒等戦時と雖もこれを閉鎖し得ざる部には堅牢なる Steel Bar の格子を嵌む。 これを Armour Grating と言う。 艦によりては機械室上には Armour Grating のみを備えて Armour Door を有せざるものあり。

弾薬通路(Ammunition Passage) : 装甲艦において防御甲板の下両舷側に近く縦行する通路にして、弾薬を弾薬庫より揚弾薬機に運搬する所なり。

電線通路(Pipe Passage or Wire Passage) : 新式大艦にありて防護甲板下付近に諸電線、諸管等を通するために設けたる通路を言う。

「エスケープトンネル」(Escape Tunnel) : 水中発射管室、舵機室あるいは船艙甲板より事変等の際直ちに逃出し得るため設けたる通路にして、艦によりては単に Escape Door のみを設けたるものあり。

梁(Beam)(びーむ) : 甲板を支え両舷側を接続する鋳鋼の梁材にして、両端は肋材(Frame)に釘着せらる。 しかして「ブームス」等の如く舷檣上に横架せしめるものを「スキッドビーム」(Skid Beam)と言い、梁の支柱を柱(Stanchion or Piller)と称す。

「ガンサポート」(Gun Support) : 中小口径砲座直下の支えにして、通例鋼板をもって円筒形に構成し、その内部を物品格納所に利用せしむるもの多し。

釣床格納所(Hammock Netting) : 釣床を納める所なり。

甲板要具格納所 : 甲板要具等を格納する所なり。

弾台(Shell Rack) : 砲熕付近の側等に取付けたる架台にして、応急用として戦時常に弾丸を備え置く所なり。

銃架(Arm Rack) : 小銃拳銃を収置する架台なり。

水罐(Water Tank) : 用途及び場所によりて概ね次の如く区別呼称す。

1.清水罐(Fresh Water Tank)

2.Gravity Tank

3.Trimming Tank

4.予備「タンク」(Reserve Tank)

格子窓(Jalousie) : 内舷側等に取付けたる金属製の小なる鎧窓にして、その格子の開閉によりて空気を下方甲板等に流通せしめ、あるいは湿気の浸入を防ぐことを得べからしむ。

格子(Grating) : 昇降口等に用いる格子蓋、その他諸所に用いらるる格子形のものなり。

防火装置 : 艦艇内の火災を防止する装置を言う。 防火装置には電力あるいは汽力をもってする防火装置と、移動喞筒及び消火器の3種あり。

移動喞筒(いどうぽんぷ) : 人力にて作動せらるる運搬容易なる小形喞筒にして、その力量5噸を出でず。 大艦には4基、小艦には2基を備えるを例とし、吸込蛇管(Standing Hose)(すいこみだかん)、厚布蛇管(Runing Hose)(こうぶだかん)及び筒先(Branch Pipe)(つつさき)と共に使用せらる。 消火器は火災の初期に防止するための軽便なる円筒形の器にして、器内薬品の化学的作用により器内の水を吐水口より噴出せしむる如く構成せらる。



 4.円 材(Spar)



↑ それぞれ左クリックで拡大表示

  (1) 円  材


円材(Spar)(えんざい) : 木製鋼製を論ぜず檣(Mast)桁(Yard)「デリック」(Derrick)等の総称なり。

檣(Mast)(ますと) : 高さほぼ相等しき2檣を有する軍艦は、これを前檣(Fore Mast)大檣(Main Mast)(たいしょう)と称え、両檣の高さ著しく差ある時はその大なるを大檣、小なるを副檣と称し、儀制上単檣艦と見なす。 3檣を有するものは、前檣、大檣、後檣(Missen Mast)と言い、1檣のものは大檣と言う。

下檣(Lower Mast)(かしょう) : 檣最下の大円材にして、その所属に従い前下檣(Fore Lower Mast)あるいは大下檣(Main Lower Mast)と称す。

上檣(Top Mast)(じょうしょう) : 下檣直上の円材にして、普通下檣に沿い上下し得るものなり。

Topgallant Mast : 上檣直上の檣なり。

桁(Yard)及び斜桁(Gaff) :

下桁(Lower Yard)(かこう) : 下檣に横架せる桁なり。 我海軍にては2檣艦の後方檣には下桁を備えざるを例とす。

上桁(Topsail Yard)(じょうこう) : 上檣に横架せる桁なり。 現今の軍艦は単に信号掲揚用として上記2桁を有するもの多く、これを下方信号桁(Lower Signal Yard)上方信号桁(Upper Signal Yard)と言い、しかして稀に上桁の上になお1桁を備える艦あり。 その桁を Topgallat Yard と称す。

斜桁(Gaff) : 艦尾旗杆に揚げざる場合に軍艦旗を揚げる用に供せらるる他、信号掲揚に用いらる。

電信桁、電信斜桁 : 空中線を揚げるため特に檣頭付近に取付ける小形の桁あるいは斜桁なり。

繋船桁(Swinging Boom)の属具は次の如し :

握索(Man Rope)(にぎりづな) : 繋船桁を渡る人員の把握に便なる様舷側より上張索(Topping Lift)下部に張りわたせる小索なり。

索梯子(Jacob's Ladder)(つなばしご) : 繋船桁に取付け昇降に便にす。

繋船索(Mooring Pendent) : 短艇を繋留するため索梯と並びて垂下せる短索にして、舫索を通すため下端に心環を有す(大舫索繋留用)。



  (2) 檣桁各部


Hell : 檣の下端なり。 軍艦の檣の Heel は防御甲板もしくはこれに相当する甲板上に固定するを例とす。

Housing : 下檣の Heel より上方、艦内にある部分を言う。

檣頭(Mast Head)(しょうとう) : 各檣とも上方、索具を装する所より檣頂までの間を言う。

Pole : 最上檣の檣頭に与えたる特称なり。

冠(Truck) : 最上檣の頂端方形部に嵌めたる円形の木片にして、揚旗線(Signal Halyard)(ようきせん)を通すため両側に車を有す。

風見(Vane)(かざみ) : 風に従って自由に旋回する様避雷針に付着したる旗布なり。

避雷針(Lightning Spindle) : 避雷のため各檣の冠上に螺止めしたる銅針にして導線に接続す。

導線(Lightning Conductor) : 空中電気の水中に導くため木製各檣の一側に縦に釘着したる銅線なり。 上檣の銅線を下檣頭に接続せしむるには、金属発條の作用あるいは導片によるを普通とす。

檣楼(Top)(とっぷ) : 大艦の檣楼は普通砲架指揮並びに射撃に必要なる諸設備を施し、銅製の天蓋(Canopy)を有す。 これを射撃指揮所と言う。 また檣楼下の Flat もしくは檣楼上に探照燈を装備せるものあり。 これを探照燈檣楼と言う。 また見張台を上檣に設けたる艦あり。

Luber's Hole : 檣楼の底に設けられたる昇降口にして、その蓋を

檣楼支基(Top Bracket) : 檣楼の下より支持して檣に固定する鋼材にして、大艦にありてはこれを伸長して檣楼下より突出せしめ、その外端に上檣維持索(Top Mast Rigging)の下端を鎖駐し、これに角度を与え、あるいはまた外端に転子を装し、維持索の下端を導き檣楼下に留めるものなり。

Cap : 檣頭において直上の檣を保持するためのものなり。 また檣楼の底板をもってこれに代用するものあり。

Fid Hole : 上方檣の Heel に穿ちたる方孔にして、内面に鉄板を釘着しあり。 Fid は上方檣の下降を支するため Fid Hole に貫挿する鉄銲なり。

  上方檣の Heel にはこれを上下すべき Mast Rope を通すため上下2個の車を有し、これを Heel 方形部において互いにその方向交叉する様穿ちたる孔に装す。 ただし、下方のものは檣下端の切欠内に設けたる切欠車(Snach Sheabe)なり。

Bunt : 桁の中央部なり。

吊索帯(Sling Band) : Bunt に嵌めたる鉄帯にして、上面に吊索を鎖駐するため耳を有す。 また Patent Truss を有する木製桁にありては、吊索帯の後面にこれを鎖駐するための耳あり。

桁端(Yardarm)(こうたん) : 桁の両端細くなれる部分なり。

Quarter : Bunt と桁端との中間なり。

Chafing Butten : 摩損を防ぐため木製桁の Quarter の部に装着せる当木なり。

Jaw : Bunt の部において桁を檣に適合せしむるため内面半円形をなしたる当木又は当金を言う。

Peak : 斜桁の外端の部にして、その尖端(Gaff End)には揚旗線を通するため金属車(Metal Sheave)を有する小鉄杆(Goose Neck)を取付く。

Throat : 斜桁の内端なり。



  (3) 静索及び動索


Rigging : 檣桁付属索具の総称なり。

静索(Standing Rigging) : 活動せざる索具の総称にして円材を維持し、または円材に帆あるいは属具を装着する等の用に充てられ、その物質及び大きさは用途並びに所属円材の種類、大小等により種々あり。

  静索は保存上「タール」をもって黒色に塗るものとす。 したがって動索と識別することは容易なり。 しかして静索は時の経るに従い馳緩するものなりをもって常にこれを緊張し置くを要す。 また、無線電信を備える艦船の鋼索製上方檣桁付属静索は数カ所において索に隔縁球を装入するものとす。

「シュラウド」(Shroud) : 檣を左右両側に維持する静索にして、鋼索をもって製し、その両端には鐶を有し上端には檣頭の眼杆に締着す。 しかしてその属する檣により前下檣「シュラウド」(Fore Lower Shroud)大上檣「シュラウド」(Main Top Shroud)等と名称を異にする。 Ratline を取付けるものは填巻、被巻及び上巻を施す。

索具締着螺旋(Rigging Screw)(さくぐとめねじ)転鐶(Bottle Screw Slip)及び鉄枷等により締着後螺旋の逆転を防ぐため植込螺釘の下端を方形にし、螺旋鞘(Screw Sleeve)内を滑動する小片(Check Nut)に嵌合せしむ。 しかして螺旋鞘の下端には「スリップ」を連接し、これを舷側その他適所の眼杆に鎖駐したる鉄枷に鉤け、平素雨露等の浸蝕を防ぐため帆布覆を施し置くものなり。

Ratline : 登檣用階梯として「シュラウド」に横に結着したる細き静索にして、旧式艦にありては「シュラウド」数条にわたり取付けしも、現今は鉄杆を Ratline に代用し、かつ2条の「シュラウド」間にのみ装するものあり。 しかして近時の大艦は上記の階梯を廃して下檣及び三脚檣支檣等に鉄梯を装着す。 なお、軍艦の上檣以上及び駆逐艦の檣にはその後面に沿い索梯を懸吊して登檣用に供す。

維持索(Stay) : 檣を前方に維持する静索にして鋼索をもって製し、通常左右舷に1条宛を備え、装備法は「シュラウド」に同じく、その下端には前方舷側あるいは甲板適宜の所、または檣楼支基等適宜の所に駐む。 ただし、艦の首尾線上にある維持策はその下端を前檣にありては船首材上端に近く甲板上に、大檣にありては前檣楼後側あるいは後部煙突後方等便宜の位置に駐めるものとす。 その所属の檣により名称を異にすること「シュラウド」に同じ。

下檣維持索(Lower Stay) : には煤煙に因する維持索の衰弱又は信号旗上下の際その摩損を防ぐ等のため鉄製もしくは竹の摩擦除け(Scotchcman)を備えるものあり。

  近時建造の Ratline を有せざる艦にありては「シュラウド」及び維持索を判然区別し難く、数条相俟って両者の効力を完うするものあり。 また、三脚檣、支檣及び籠檣を備える艦にありては下檣維持索又は「シュラウド」を有せず。

後方維持索(Back Stay) : 檣を後方に維持する静索にして、鋼索をもって製しその装備法維持索と同じく、ただその取付位置は檣の後方なるのみ。 大檣の正後にあるものはその下端を後甲板後方に駐む。 その名称は所属檣により異なること「シュラウド」に同じ。

Top Gallant Mast : 索具装備法は上檣に同じ。 しかして Top Gallant Mast を有せずして長大なる上檣を具える艦にありてはこれを上下2段の維持索、後方維持索をもって維持し、何れもその下端を檣楼支基に駐めるを例とす。

檣間索(Centre Stay)(しょうかんさく) : 前後両檣頭間に平らに張りわたせる静索にして、往々これに滑車を取付け揚旗線を通せるものあり。

「ジャキステー」(Jack Stay) : 桁の上面に沿い眼杆(Jack Stay Bolt)に通し装着せる鋼索製静索あるいは鉄杆にして、主として渉桁人員の把握用に供す。 しかして鋼索製のものは填巻、被巻、上巻を施し、外端は環接にて桁端の鉄帯に取付け内端には鐶を装し、桁の中央において両舷「ジャッキステー」の内端を Lanyard をもって互いに綁着するものとす。

足掛索(Foot Rope)(あしかけづな) : 渉桁人員の足懸かりとなすため桁に沿い幾分垂みを与えて吊下せる静索にして、鋼索及び麻綱の両種ありて、各桁両舷に1本宛を備え、外端には掴鉤をもって桁端の眼杆に鉤して確実に安全止(Mousing)を施し、内端は反対側 Quarter に駐めるを例とす。 しかして Strrup を通するものにありてはその Eye の両側において足掛索に瘤結を設け、人員渉桁の際片寄るを防止す。

Strrup : 足掛索の中部を桁に鉤るための短き静索にして、鋼索あるいは麻綱製の Pendant なり。 しかしてその両端には Eye を作り、総べて填巻、被巻、上巻を施し、上端 Eye は眼杆に嵌めその上に「ジャッキステー」を通し、下端の Eye には足掛索を通す。

吊索(Sling)(つりづな) : 桁の中央を檣に吊るためのものにして、通例下桁には鉄鎖、上桁には Wire Pendent を用う。 下桁の吊索の上端は檣楼上面あるいは下檣頭眼鐶、下端は桁の吊索帯に鎖駐す。 しかして時としては「スリップ」及び転鐶を有するものあり。

上方維持索(Lift) : 桁の両端を上方に維持する索にして、所属の桁よりその名を附す。

桁維持索(Brace)(こういじさく) : 桁端に取付け、これを前後に偏倚せざる様維持する索なり。

斜桁維持索(Vang) : 斜桁を下方左右に維持する索なり。

Guess Rope : 碇泊中水面に近く舷梯付近の舷側に取付けたる索にして、短艇達着あるいは外舷艇の作業等に便ならしむるためのものなり。

動索(Running Rigging) : 静索の静止的なるに反し、任意弛張し得べき索具の言いにして、用途に従い大小の別あり。 多くは麻綱を使用すと雖も、強きを要する所には柔軟鋼線綱を用う。 即ち Main Deck の索具、水雷防御網展収用索の如きこれなり。

Mast Rope : 上檣以上の檣を上下するに用いる動索なり。

Yard Rope : 桁を上下するに用いる動索なり。

張揚索(Halyard)(はりあげさく) : 信号旗、艇帆、空中線、通風(Windsail)の如きものを引揚げる動索なり。

Peak Halyard : 斜桁外端を挙揚維持する索にして、上方維持索、斜桁維持索の如く現今は1条の Pendent を用い、全く静索に異ならず。

Down Haul : 円材等を引卸すに用いる動索なり。

張出索(Out Haul)及び引込索(In Haul) : 円材等を出入するに用いる動索にして、網張桁の張出索及び引込索の如きその一例なり。

上張索(Topping Lift)(うわばりづな) : 円材の頭部を挙揚維持するに用いる動索なり。

側張索(Guy)(よこはりづな) : 円材端を左右に移動維持するための動索なり。

繋船桁上張索(Swinging Boom Topping Lift) : 普通 Pendent 及び絞轆よりなり、繋船桁を上方に維持するものなり。

繋船桁前張索(Swinging Boom Fore Guy) : 繋船桁を前方に維持する動索なり。

繋船桁後張索(Swinging Boom After Guy)(あとばりづな) : 繋船桁を後方に維持する動索なり。

動索綰ね方 : 動索を綰ねるに次の方法あり。

綰ねる(Coil Down) : 通常撚り目に従って綰ねる法なり。

8字綰(Snake Down)(はちのじわがね) : 8字に綰ねる法にして、救助艇索等急速に走出を要する索を綰ねるに用う。

飾綰(Flemish Down)(かざりわがね) : 祭日、日曜日等の公暇日に索具を綰ね飾る法を言う。

Flake Down : 標的曳索等の走出を自由ならしめるために並列する法を言う。

  臨戦準備において Rigging 等を数本一括して小索を捲回し、敵弾により一部を切断せらるることあるも甲板に落下せざる様に施す方法を Frapping 又は Snaking と言う。 強みのため絞轆通索の余端を自体に捲回する法も Frapping と言う。



 5.船体付属物


風通(Wind Sail)(かざとおし) : 上端に風受けを有する帆布製円筒にして、必要に応じ涼風を艦内所要の場所に送るに用いらる。 風通は夏季舷側諸室の暑熱を和らぐるため舷窓に嵌出して使用するものなり。

伝声管(Voice Pipe) : 艦橋、司令塔、砲台、弾薬庫、機関室等総べて艦内の要部を互いに連絡し相対話する簡単なる管にして、その両端には笛又は電鐘及び電気指示器(Electric Call Bell & Indicater)を備え、通信の際対手の注意を喚起し、また発信部を知らしめるに供す。 近来伝声管と共に高声電話を使用する艦多し。

伝声器(Megaphone) : 音声を遠距離に達せしむるために用いるものなり。

旗竿(Flag Staff)(はたざお) : 艦の首尾両端にある鉄杆もしくは木杆にして、艦首旗(Jack)、軍艦旗(Ensign)を掲揚するためのものなり。 艦首のものを特に艦首旗杆(Jack Staff)、艦尾のものを艦尾旗杆(Flag Staff)と言う。

手摺(Hand Rail) : 艦橋、最上甲板、上甲板等の周縁を繞せる木杆鋼索あるいは鉄鎖等の言いにして、その柱を Rail Stanchion と言い、場所により必要に応じ起倒し得る様造らる。

天幕支柱(Awning Stanchion) : 艦橋周縁及び舷上等に直立する金属柱にして、上端及び中部に Split Eyes (or Twisted Eyes) を有し、これに Ridge Chain あるいは Ridge Rope を貫通し天幕を張るに供するためのものにして、随時倒し得ること Rail Stanchion に同じ。

「リッチポール」(Ridge Pole) : 天幕を張るための棟木なり。

天幕(Awning) : 降雨または炎暑を凌ぐため露天甲板上に展張せらるるものにして、厚き帆布をもって作り、隣接天幕との接続部には掛合わせ用の縢紐(Lacin)を附し、その他の周縁には多くの止紐(Stop)を有し Ridge Rope 等に緊張結止す。

救命浮標(Life Buoy) : 溺者に投与するためのものにして、その構造により救命浮標(Kisbie's Life Buoy)及び救難浮標(Whitby's Night Life Buoy)の別あり。 前者は通例艦橋側等に、後者は艦尾両舷側に備えらる。

浮標(Buoy) : 形状により Nun(菱形)Flat Buoy(平板)及び Cask Buoy(樽形)等の別あり。 また用途により示錨浮標(Anchor Buoy)繋留浮標(Mooring Buoy)、航路標識用及び沈置物位置表示用浮標等に分かたれ、何れも特殊の形状を有し、浮標索(Buoy Rope)あるいは鉄鎖をもって下方の錨もしくは錘量等に繋止せらる。

速力標(Speed Mark) : 帆布竹環あるいは鋼製の赤色円錐形象にして、これを前方檣の下方桁端に掲げ自艦艇推進器の前進後進及び速力を他艦艇に表示するものなり。 夜間はこれに代わるに速力燈(Spped Lamp)をもってす。

舵柄標 : 自艦の操舵を他艦艇に示すためのものにして、桁あるいは檣楼下等において右舷には緑色、左舷には赤色の符号各1個を掲揚し、その上下によりて舵柄の何れにありるかを示す。 しかして両標は互いに関連して動き、緑標下りて赤標上がれば面舵、これに反すれば取舵なるを意味し、転舵角度の大小は両標間の上下の距離によりて略推知するを得るものなり。 これを舵柄信号(Helm Signal)と言う。

空中線(Aerial Wire) : 檣頭間あるいは甲板檣頭間等に懸張せらるる無線電信発受信用の銅線なり。

錨(Anchor) : これに錨鎖(Chain Cable)あるいは錨索を取付け艦船碇泊の用をなす鉄具にして、錨孔に引込むものと錨床あるいは舷側等に収置するものとあり。

四爪錨(Grapnel)(よつめいかり) : 通常四爪を有する小錨にして、示錨浮標鈎捉あるいは水底物品探索用に供し、また防火隊用(Fire Grapnel)として使用す。

揚錨機 : 錨鎖もしくは鋼索の巻揚作業に用いるものにして、車地(Capstan)錨鎖車(Cable Holder)及び車地機械(Capstan Engin)の各部よりなる。



 6.諸  室


  艦船内諸室諸倉庫入口には総べて縦書き浮き地をもって書きたる制式の名称札を釘着し、盤面は弾火薬庫類に属するものは赤色、その他のものは総べて黒色に塗色しあり。

  艦内諸室諸倉庫概ね次の如し。

 公室及び居住室類 長官公室、長官室、長官寝室、参謀長公室、参謀長寝室、艦長公室、艦長寝室、士官室、士官次室、候補生室、准士官室、幕僚室、参謀室、副官室、艦隊機関長室、艦隊軍医長室、艦隊主計長室、副長室、航海長、砲術長、水雷長、運用長、通信長、機関長、軍医長、主計長、分隊長、副砲長各室、予備室、士官寝室、特務士官、准士官各寝室、長官、艦長、士官各休憩室、下士官室、兵員室、禁固室
 烹水室及び食器室類 長官、艦長、士官室、士官次室、候補生、准士官各食器室、長官、長官及び艦長、艦長及び士官室、士官室、士官次室、准士官、兵員各烹水室、食器消毒室、流し場、等
 事務室類 参謀事務室、副官事務室、幕僚通信事務室、兵科、主計科、機関科各事務室、厨業事務室、郵便事務室、酒保、先任衛兵伍長、機関科特務下士官各詰所、等
 病室類 士官病室、兵員病室、隔離室、薬剤室、治療室、戦時治療室、負傷者収容室、細菌検査室、消毒器室、等
 浴室洗面所厠類 長官浴室及び厠、参謀長将官浴室及び厠、艦長浴室及び厠、幕僚浴室、士官室、士官次室、候補生、機関科将校、准士官以下、兵員、機関科兵員各浴室、士官病室浴室及び厠、兵員病室浴室及び厠、士官次室、候補生、准士官各洗面所、士官室、士官次室、候補生、准士官、兵員各厠、隔離室厠、檣楼厠、等
 艦橋類 羅針艦橋、艦橋、信号所、見張所、等
 航海用室類 海図室、舵取室、下部舵取室、人力舵取室、舵柄室、経線儀室、測器室、転輪羅針儀室、等
 砲塔及び発射管室類 砲塔、砲廓、発射管室、水上、水中各発射管室、等
 弾火薬庫類 弾火薬庫は別に定む。 機雷庫、魚雷格納所、弾薬補給所、等
 電信室類 無線電信室、戦時無線電信室、方向探知器室、電話交換室、射撃指揮電話交換室、下部発令所、等
 機械罐及び補機室類 機械室、罐室、軸室、補機室、復水器室、発電器室、揚錨機室、舵取機室、製氷機室、冷却機室、真水喞筒室、等
 工場調整所類 機関工場、鍛冶工場、鋳物工場、電気工場、船匠工場、兵器工場、航空機工場、発動機調整所、縦舵機調整所、等
 倉庫及び格納所類 長官、艦長、士官、士官次室、准士官、候補生各糧食庫、航海科、信号科、運用科、通信科、水雷科各倉庫、帆布庫、網庫、揮発油庫、石炭庫、重油庫、被服庫、米麦庫、麺麭庫、罐詰庫、醤油庫、塗具庫、漬物庫、冷蔵庫、冷凍野菜格納所、生糧品格納所、足場板格納所、木材格納所、防水蓆格納所、釣床格納所、等




「軍艦概説」メニューへ戻る 頁トップへ

 最終更新 : 11/Apr/2006