サイト・トップ頁へ 水雷講堂メニューへ


改造三式機雷電気信管







 主 要 目


三式機雷電気信管 の底部に 改造三十秒複働信管 を背中合わせに装着できるように改造したもので、知られている要目は次の通りです。



  発薬 (薬量−配合)               雷汞          2
  0.1 g、  配合 : 硫化鉄アンチモニー 5
              塩酸カリ        5 
  起爆薬 (薬種、薬量)   黒色粉火薬  0.4 g
  伝爆薬 (薬種、薬量)   下瀬火薬  30 g 
  使用兵器   九二式爆雷(陸用)、 九三式爆雷(陸用) 






サイト・トップ頁へ 水雷講堂メニューへ 機雷兵器一覧へ 頁トップへ 次頁へ

 最終更新 : 10/Dec/2017